上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
H.Millsです。

レバレッジサロンも徐々にメンバーが増えつつあることから、
それぞれ分科会のように目的別にサークルを創ることにしました。

英語部、ミサネム部(謎の音楽部らしい)、ライフプロデュース部、マラソン部等々、
さすがはレバサロだけあって、謎のサークルから真面目サークルまで多岐に渡ります。
まとまっているようでまとまっていないのがレバサロの素敵なところ。

今回はそのうちの「マラソン部」の活動報告をしてみようかと。

マラソン部は、
レバサロのナイチンゲールといわれるぶちょー(りえ)と、
レバサロの歩く検索エンジン副ぶちょー(masutong)を
リーダーとする部です。
部員は、この他3人で、計5名で活動中です。

そのうち、副ぶちょー(masutong)とわたしH.Millsは、
ホノルルマラソン2009に参加予定です!!!
えらいこったです。

人生でマラソンをすることになるとは
想像もしたことのなかったわたし、H.Millsにとって、
42.195kmとか、アホか!と叫びたくなるくらいの距離です。
しかし、本田さんのコンサルティングディナー会で、
「ホノルルマラソンに出る!」
と酔った勢いで言ってしまった手前、
男(?)に二言はない、ということで、がんばって走ることにしました。

さてさて、宣言してしまった以上、やってしまうのがレバサロの恐ろしいところ。

ぶちょー(りえ)命令により、
初ホノルルマラソンとなるmasutongさんとH.Millsは、
フルマラソン前にハーフマラソンを経験しておくことが大事ということで、
先日、11月1日(日)に開催された成田POPのハーフマラソンに参加してきました。

さすがは、ぶちょー(りえ)だけあって、
ハーフマラソンに参加するにあたり、
かなりの的確な指示と情報をくれました。

さらには、ハーフマラソンを完走する自信のなかったわたしに、
なんとmasutongさんがペースメーカーになってくれるというではありませんか!

素晴らしい!!!

レバサロってのは、この青春の青臭さがあるところがたまりませんね。

わたしにとって初のハーフマラソンでしたが、
"slow is fast"
という言葉を合い言葉に、
とにかくゆっくりとしたペースで走り続けました。

スタートからだいたい平均して7'15''くらいのペースで走り続けました。
わたし、H.Millsは、最高12kmしかなかったので、
12km以降は、1km走る度に、自己ベスト更新といって万歳してました。
このときはまだ元気があったようです。

しかし、15km超えたあたりから、
さすがに万歳も手をあげるのが精一杯になってきました。
おそらく、masutongさんがいなければ、
走るのをやめて、歩いていたかもしれません。

19kmあたりになると、はっきりいって、
走れているのが不思議な感覚です。
足の感覚はおかしいし、呼吸は乱れるし、サイアクです。

ゴール目前のスタジアム前になると、masutongさんが、
「あのビールの旗がゴールですよ!!がんばりましょう!!」
というので、ビールが飲みたくなったわたしは、
最後の力をふりしぼって走りました。

そして、スタジアムに入ると、
先にゴールしていたぶちょー(りえ)が
なんとスタジアムのトラックを伴走してくれるではありませんか!!!

余裕のmasutongさんに対し、
息をゼーゼー切らしているH.Mills、
最後は、ダッシュで無事に万歳しながらのゴールイン!!

いやー、走った直後は、疲れで思考回路が完全停止してましたが、
その後しばらくしてから、完走できたことで、
何やらおそろしくパワフルな勇気とか元気が込み上げてきました。
なんでしょうか、この込み上げるエネルギーは。
マラソンって恐ろしい力のあるものですね。

今週末は、マラソン部で、30km走ってきます。
ハーフマラソンよりさらに長い!!!
どうなることやら。

そうそう、本田直之さんが今年の8月にマラソンに関する小説を出版しましたね。
『走る男になりなさい』
走る男になりなさい走る男になりなさい
(2009/10/21)
本田 直之

商品詳細を見る


マラソン部では、ハーフマラソンに出る前に、この本を読みました。
そして、思ったこと、マラソン部って、この本に出てくる「チーム・ミニブタ」に似てるということ。とにかく、熱いってところがね!!

究極のファンランでありたいです!
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.11.09 Mon l H.Mills l COM(2) TB(1) l top ▲
最近「縁」について考えます。

昔から「縁があるね」とかいいますよね。
この縁って何かを考えます。

辞書で調べてもよくわからないのが多いです。

縁の意味あいとしては、運命に近いんでしょう。

先日ある人からの話しで、一期一会について聞きました。
その中で、地球の人口は67億人、日本の人口は1億2700万人。

ということは、ある人とある人の出会いは、2/67億の出会い
なんですね。宇宙レベルで考えれば、奇跡的な出会いともいえます。

一期一会の考えも、どこか似てます。
もう二度と会えない気持ちで相手をもてなす。

神田昌典さんが新刊を出されるようですね。
「全能思考」。とても楽しみです。

神田さんも、U理論の説明の中で「縁」に似たような説明をしてます。
人と人とのコミュニケーションの深いレベルに日本の「縁」に近いもの
があるといいます。

縁を感じ、縁に報いる。

そんな生き方が、人間らしいのかもしれませんね。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.06.08 Mon l nitto l COM(0) TB(1) l top ▲
ブログが泣いている。
書いてくれと


ブログが叫んでいる。
更新してくれ


1か月更新しないとスポンサーサイト
という人が書いてくれるのですね。


知らなかったです。
彼に頼ってばかりもいられないので
書いちゃいます。


話の上手な人
上手な文章を書く人は
比喩が上手い。


抽象的な事を表現するとき、
それがいかに論理的であろうと、
伝わりにくい
事がままある。


そんな時、皆が知っているような
比喩を使うと
理解しやすくなる。


高度なわかりやすい文章を
書く人はこの
使い方が抜群に上手い。


世界1位か2位のお金持ち
ウォーレン・バフェットをご存じ
だろうか。


オバマの賢人と呼ばれる
世界一の投資家だ。


かれはこの比喩の使い方が
群を抜いている。


解りにくい投資の世界を
いとも簡単に伝えることが
出来る。


私もスポーツの上達法をブログ
でかいている。
体の動かし方で分かりにくい部分
が出てくる。
その時に何か良いたとえはないかと
模索するが一向に出てこない。


そう簡単には出てこないのである。


この話の流れなら最後に
気のきいた
比喩でもでてくるではと
なるが、それさえも
浮かばない。


私の実力は推して知るべしである。
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.06.04 Thu l youhey l COM(0) TB(0) l top ▲
Mharuです。

「上司の目線になって物事を考えろ」と、本で読んだり、先輩から学んだりしませんでしたか?

僕は「なるほどそれは重要だ」と思い、色々な場面でそれを実践しようとしましたが、
いまいちピンときていませんでした。

やり方がわからなかったのです。
確かにいきなりそんなことを言われても難しいと思います。

ですがそれからしばらくして、2つの方法が上司目線に立つ練習として有効だと実感しました。


1.経営幹部・経営者と交流する
知り合いでもセミナーでもかまいません。
自社以外の、自分より上のポジションにいる方と話をする事で、
上司目線の考え方を学ぶことができます。

今僕は、幸いにも経営者が参加するセミナーに参加できたり、
レバレッジサロンで社会人の先輩方とお話をする機会もあります。
そして、話すたびに多くの事を学ぶことができます。


2.何でもいいからリーダー的役割をやってみる
去年、数人の友人と勉強会を発足しました。
会の運営や方針決めなどは、規模こそ違えど会社と似ている場面もあります。

方針が共有できていない、意見がまとまらない場合どうしたらいいか考えることは、
そのまま会社でも応用できそうです。


いずれの方法も少し行動を起こせば、たいていの人が実現できるものです。

上司目線で物事を考えるという事にピンときていない方は、
実践してみてはいかがでしょう?





はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.05.04 Mon l Mharu l COM(0) TB(0) l top ▲
Mharuです。

今まで様々な本を読んで、情報過多の時代を生き残るための、
仕組化、フレームワーク化、情報整理法を実践してきました。

しかし、最近そういった仕組み化にも罠がひそんでいる事にきづきました。

何かミスをした時に、それを「仕組みができていなからだ」と
極度に考えてしまう事は危険だという事です。

確かに仕組化は有効です。
しかし、仕組みが万全だとしても、その人の「想い」がなければ意味がないのです。

芸術作品、建築物、生活用品など、どれをとっても
「想い」がこもったものはすばらしいです。

その「想い」をほったらかしにして、
仕組みを作ることばかりに一生懸命になると、
大切な何かを失ってしまいます。

最近仕事で大きな失敗をし、その事を痛感しました。

仕組みは想いを実現するための補助にすぎない

自分に言い聞かせていきたいと思います









はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.05.01 Fri l Mharu l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。