上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
友人の結婚式に参加し、感動を分かち合ってきました。
hiroです。

前回レバレッジサロンブログにこんな記事がありました。

時間=命
お金、時間、命・・・
そんな事を最近考えます。


なるほど、命と時間は同義かもしれませんね。

最初から運命として決まっているのか、自分で変えることができるのかはわかりません。

しかし、自分が進む方向、進みたい方向ということは自分で決めることができます。

自分が、

住む場所

着る服

食べるもの

すごす時間

話す言語・・・

誰に動かされているのか、誰が動かしているのかを考えて行くべきなのかもしれません。

本田さんに教授いただいた考えの、

「内的要因なのか、外的要因なのか」

この考えに答えがあると思います。


結婚することを決めた友人

妻と道を歩むことを決断した勇気。

外的要因から内的要因に切り替えるのには、

勇気や決断といった、一瞬スピリチュアルや自己啓発といって、

胡散臭いと揶揄されてしまうような強烈な気持ち、夢といったものが必要になるのでしょう。

とても面倒くさがりの私は、人生を好転していく決断力や勇気ををもって、めんどくさくない自分の生活を生きたいものです。

今まで、導かれ経験していた「点」が将来の「線」に変わることを信じながら、
泉さんがブログで紹介していたスティーブジョブズのスピーチを見ているのでした。

スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.02.22 Sun l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲
hiroです。

リーマン破綻後,日本経済にも大打撃を与えています。
気になる業績をまとめてみました。

■パナソニック
3800億円
15000人リストラ

■ソニー
1500億
15000人リストラ

■シャープ 赤字

■パイオニア プラズマテレビ撤退

大手電気メーカーが崩れています。

■三菱UFJフィナンシャル・グループ 420億円の赤字

■全日本空輸、社員の賃金を平均10%引き下げ案提示

金融、空輸にも影響が出ているようです。

一方

■任天堂
2300億 黒字!

■日本マクドナルド
1239億 黒字!

製造業全体が軒並み総崩れとはいえないようです。
円高で儲かっている企業もあるのです。

この状態を見て、一体何を学ぶべきなのでしょうか。


ここで25歳なりにも考えた三つの姿勢を書いておこうと思います。

①問題意識を持つ
②当事者意識を持つ
③国政に興味を持つ


①問題意識を持つ
今円高不況(本来は好調だと思う)の状況に際して、
一体何が問題だったのかを徹底して追及することが大事ではないでしょうか。
今回はサブプライムローンだといわれています。
それすら本当のことかもわかりません。
自分なりに追いかけてみる必要があると感じています。
その仮説をもってして自分の人生にどう生かすかがポイントです。

私としては、「我慢ができない感情をいかにコントロールするか」というのが、
今回の経済不況の根底だと位置づけました。
小さなことを我慢できる。
それはいらないや、本当にほしいものではないや。
と思える生活手法にまで落とし込みたいと考えています。


②当事者意識を持つ
今回の不況はアメリカに起因した信用問題だけではないのかもしれません。
もしかしたら自分にも原因といえる面があったのかもしれない。
そういった諸国に対して消費を促す輸出ビジネスの一つにに関わっていたのかもしれない。
(私なんかは特に贅沢な製品を作っているので当事者かもしれません)
そう考えると、まさに原因の歯車のひとつだったのかも。

問題意識を持つことと、多少かぶります。
今回の不況はもはや企業の収縮、雇用問題にまで発展していますので、
当事者意識を持つことに関しては、いやでも考えさせられることでしょう。

個人として身を守る、生活を保障するすべはないかを考えていかなければなりません。

③国政に興味を持つ。
大学まで出ましたが社会人になるまで政治に興味がありませんでした。
若者の政治的無関心は平和ボケの蔓延を意味していると考えます。
私も平和ボケしたうちの一人でした。

しかし所得税も払うようになったことだし、徐々に興味がわいてきています。

不況とは関係がありませんが保険のシステムや年金保険の構造も社会人として、
身に着けなければいけないことの一つでしょう。
なぜ国政なのかといえば、私の場合、未来の予算管理、支出の管理のためです。
結局はお金の教養をつける、という事の一つとして国政に興味を持とう、
という内容です。

国政というジャンルでのトピック探しとして、こんな本を読んでいます。



福田ビジョン、環境取引、知りたいことは山ほど出てきました。

不況不況といわれますが個人が思考停止にならないように考えなくてはいけない事は、
沢山あるようです。
一人で追いかけ続けると、おじいちゃんになってしまうので、
協力してくれるチームがあると非常に心強いものです。

日本にはチャーチに行く文化があまりないので、
コミュニティというのは、こういう不況時にこそ非常に大事なものだと実感しています。


はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.02.07 Sat l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲
インフルエンザのhiroです。
はやっています、皆さんもお気をつけ下さい。
おかげで私は一週間寝たきりです(汗)


さて今回は、英語に関する仕組みがあるので一つご紹介したいと思います。

英語は勉強しなくちゃなぁ、洋書もよまなくちゃなぁ。

意外とこの目標がぐずぐずになってしまう方いないでしょうか?

私がそうです。

ほっておくとやらなくなってしまいます。

断然に日本語で本を読んだりしたほうが早いからです。

この投資を惜しんではいけないのですが、つい目先のことを考えて短期投資的な目線に陥ってしまいます。

そんな私に強制的に拘束しているのが、

インターネットのトップサイトを、

Yahoo ! (USA)

にすることです。

Yahoo! Japan ではなく、Yahoo! にしています。

そうすると、ホームボタンを押すと必ずこのページを見ることになります。

必ず目には英語が触れることになります。

しかも英語記事のトップニュースでその日のホットなニュースを目にすることができます。

デザイン性もアメリカの方が印象的な気がしますし、

何より面白そうな記事だとついクリックしてしまいます。

このついクリックにだまされてしまうところがまた良いのです。

ついクリックしてみたところでその先も当然英語の記事。

こうしてうっかりやってしまいがちなネットサーフィンを英語でやることになります。

自分に強制的に英語を学ばせる仕組みの一つとしていかがでしょうか!?

仕組みといえばJFAの泉さんを想起しますが、

「お金の教養」のランチキャンペーン
があるようですね。

私も泉さんとお話してみたいです☆
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.01.22 Thu l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲
hiroです。

あけましておめでとうございます。
ブログの箱根駅伝ことサロンブログでございます。
レバレッジシンキングをイチから考え直してみました。

◆レバレッジとは信用ではないでしょうか。

レバレッジは梃子の事ですが、一体何をその梃子としているのでしょう。

不動産投資では信用を梃子に融資を行いうようです。

それは社会性であったり勤め先であったり、貯蓄であったり・・・。

その人の後ろに見え隠れする信用を審査して梃子にするのでしょう。


FXでは信用を梃子に物凄い倍率で外貨を取引することができます。

FXの場合は必要証拠金を一度固定口座に入金することでそのキャッシュを信用として、
取引を行います。

本田さんの著書、レバレッジ人脈術で言うところの人脈についても考えて見ましょう。

結局人脈も信用を如何にして築いていくかといえるのではないでしょうか。

・初対面での礼儀作法
・その人を徹底的に調査する
・会を催して情報のハブになる・・・

やはりここでも信用を築く上でのテクニックやノウハウが書かれているように思います。

時間術に関して信用という考えた方を当てはめるのは難しいかもしれません。

が、自分自身に関する信用を高めると考えてみるとどうでしょう。

未来を作り出すのがスケジュール張だったり、グーグルカレンダーだったり。

人それぞれですが、自分自身へのコミット、つまり信用を育てていき、自身をつけていくのではないでしょうか。

英語という言語ですら信用なのかもしれません。

英語だってネィティブでもない限り話せるようにはなりません。

勉強方法は違えどある程度勉強したという信用があって始めて、会話という舞台にたてるのでしょう。


■結論
かくしてレバレッジは信用なのではないかと推測してみました。
浅はかに受け取ると短期で物凄いリターンを得るようですが、信用を一瞬で勝ち得ることは、
なかなか大それたことであります。

信用を1から築くと始めると本当に時間がかかるでしょう。

しかしシーソーの自分側にコツコツ信用をためていくと、
後に大きなものが動いてしまうということが間々あります。

これぞまさにTRUSTシンキングかも知れません。

おあとがよろしいようで。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.01.07 Wed l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲
hiroの自己紹介です。

[職業]
オーディオエンジニア

[生息地]
埼玉

[ブログ]
大志は現実化する!

[大好きな著者]
本田直之、勝間和代、神田昌典、茂木健一郎、梅田望夫、沢木耕太郎
(H.Millsさん同様絞り切れません!思い出したら追加していきます。)

[レバレッジサロンとの出会い]
レバレッジ英語勉強法のキャンペーンで、本田直之さんのオフィスに招待されました。
http://seahiro.blog25.fc2.com/blog-entry-25.html
(レバレッジを実践ととてつもない効果があることを身をもって体感しています、こんな25歳の若造でも、
こうして皆さんにお会いすることができ教えをいただくことができています)

[趣味]
サッカー、ギター、バンド、読書、海外旅行

[目標]
・英語
 簡単な洋書サマリーや雑誌を2/月

・IT
 ITで簡潔明瞭なパーソナルブランディングの構築!個性的なパンチ力を増やそうと思います。

・金融
 世界のうねりを感じる。
 不動産投資への戦略設定。
 まずは年収アップ!! 
 FXで勉強料を支払っているため、慎重になりました。


今年は非常に多くの方に支えられ知識や経験をいただきました。
来年も継続して多くの方に会い刺激を受けながら還元していきたいと考えています。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2008.12.14 Sun l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。