上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
僕が今のお店を個人から会社にして店舗を展開していきたいなー、
なんて考えているのですがその時の会社のコンセプトがもう決まって
まして
ズバリ!「Let's challenge」

やはり成功されている方に共通している部分なのですが
会社にたくさんの素晴らしいパートナーや優秀な従業員が必ず
います。組織を作っていく段階で1人では間違いなくできない、って
思います。

先日、大阪・東京に飲食店を10店舗展開する社長がぼくの
お店に顔を出してくれました。
ぼくが社長に「優秀なスタッフが多くて素晴らしいですよねー」と言ったら
ここまで育つのに15年掛かってますよ~笑
って笑いながら言ってました。
もう大変ですよ~と笑ってました。

ぼくは独立後、お店を潰しかけて首の皮一枚で生き残れたのって
やっぱ諦めなかったことだと今は思います。
そこをどう切り抜けるかは本や現場経験が無いコンサルティングの人
には教えられないものでした。
逆にぼくは賢くないから「もうやるしかない」選択ができたのだと思います・・笑

失敗から学ぶことはとても多く、ぼくは過去のたくさんの失敗に心から
感謝しています。失敗が多い、ということはそれだけchallengeしてきたから
失敗が多いんだな。。。と思うのですが(苦笑)
失敗から学び、教訓とし、失敗から自分自身という人間を知ったことも多く
ありました。
はじめの一歩が1番怖いのだけど、意外に一歩を踏み出せば身体は楽に
なる、っていうこともよく分かってます。
考えずに行動してから考えたらいい!という考え方は25歳過ぎにようやく
ダメだな~、って気付きました(遅すぎ!)
出来る!って思ったら人間何でもできんねん!という精神論だけでは通用
しなかったのが過去の自分です。

「challenge」と言う言葉はぼくにとって1番大切な言葉です。
起業というchallengeがあって、起業してからもchallengeをしていかなければ
起業家失格と自分に思いました。
安定を求めるために起業したわけでなく、
自分の好きな時間を作るために起業したわけでもなく、
自分の得意分野で死ぬまでchallengeし続けることが自分の生き方だと
思いました。

「challenge」って最高の言葉です!
嬉しいことも、楽しいことも、辛いことも、苦しいことも
すべてすべてこの言葉に集約されています。
おもしろおかしく、笑いながら何事にもchallengeしていきたいですね★
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.02.26 Thu l nagasaka l COM(0) TB(0) l top ▲
こんばんわ、nagasakaです★

私は20歳から独立を意識し飲食業に従事してきました。
外食産業は長時間労働、低賃金が当たり前で私も1ヶ月400時間
以上の労働などは普通でした。
言うなればレバレッジって何?って最初は思いました。
飲食業って半分肉体労働ですから・・笑

25歳で独立し、自分が描いていたビジョンは3年以内に5店舗を出店
しチェーン展開すること。
お店は完全に人に任せ、自分はビジネスオーナーとして自分が現場で
動くことはまったく考えていませんでした。

しかし、自分でやってみて分かったんです・・
そんなに世の中は甘くないと。
資金力が初めから豊富にある、とかよほどでない理由がない限り
オーナーも経営者もまず自分が一生懸命働かないといけない。
「今、目の前にある現実」
を嫌でも認めざるをえませんでした。

独立してからは朝から晩まで追いかけてくる借金でもう頭がいっぱい。
1000万以上の借金どうしよう・・・とストレスで耳から血出るわ、嘔吐は繰り返すわ
でそれこそ毎日が地獄でした。
団体信用保険に加入しているので死んだら借金はなくなります、の
一言が心の不安を和らげたことを今でもしっかりと覚えています。

ビジョンを描くことはとても大事なことだと思います。
ただそれが理想だとなかなかたどり着けない。
本田さんの「脳が教える1つの習慣」に書かれている通り
”いきなり大きく”より"少しずつ確実に”を実践したら必ず大きく
できるようになると思います。
お店も一緒で大きくから小さくはできないが、小さくから大きくはできます。

現実とビジョン。
「夢は夢でしかない、頭で思い描くもんなんかそんなもん幻や!
ビジョンを紙に書け!」と僕の尊敬する飲食店の
社長が言ってました。
飲食業は常に現場を知らないと上手くいきません。
投資効率を考えるのであれば不動産投資の方が圧倒的に
失敗するリスクが低いと思います。
でも僕はリスクを負ってでも2店舗目、3店舗目にチャレンジ
していこうと今はビジョンを描いています。

みなさまにまだ何もlevarageできてないのが
申し訳ないのですが・・・
今後ともメタルスライム的なキャラでよろしくお願いします★
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.02.11 Wed l nagasaka l COM(0) TB(0) l top ▲
ども、ながさかです。

H・Millsさんの不動産からはちょっと外れますが・・・

まだみなさんとのペースにマッチしていないので申し訳ございません。
PCも1日1回と決めていること。
ブログを3個持っていること。
アウトプット時間が長く、猛烈に仕事をしていること。


私は逆に非レバレッジかもしれませんね。
ただこれも複利の力が掛かって時間が経つと少しずつ楽になって
くるんですよね。気持ち的にも経済的にも。

ぼくはインプット<アウトプット派かもしれません。
インプットしたものを実践に移して初めて完結になると思っています。


不動産も一緒で、早く買った方がいい、との判断で不動産を勉強し始めて
半年以内に購入しました。
だから僕は不動産投資は最低限の知識をまず身につけ、勉強し実践して
初めて「学び」を得ることができるのだと思っています。
「実践」をしなければモチベーションも意欲も時間と共に低下していきます。
合宿メンバーに相談をされても、本人の裏づけを聞いたり、資料を見せたり
してもらったら、
「買いましょうよ!」と必ず勧めます。
何年かけて次の物件見つけるんですか?と質問します。
そしたら、みんなすぐに買う方向で考えてくれます・・笑

不動産はコミュニケーション能力がとても試される場所だと思います。
人と人の繋がりから売買に移るので、本には載ってないことがたくさん出てきます。
不動産投資本も”これが良かった”という明確な本は正直なかったです。

投資と一緒でぼくの周りでも成功している人間の共通点は
自分のスタンス(自己管理能力)が明確になっている人です。
周囲に流されずに自分ルールが徹底されている、こんな人が成功しています。

不動産は面白いです。
ただぼくは自分が選択した仕事に120%熱くなれます!
情熱を持って、とことんやる!

遅れてすいません。


はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2008.11.25 Tue l nagasaka l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。