FC2ブログ

Mharuです。

「上司の目線になって物事を考えろ」と、本で読んだり、先輩から学んだりしませんでしたか?

僕は「なるほどそれは重要だ」と思い、色々な場面でそれを実践しようとしましたが、
いまいちピンときていませんでした。

やり方がわからなかったのです。
確かにいきなりそんなことを言われても難しいと思います。

ですがそれからしばらくして、2つの方法が上司目線に立つ練習として有効だと実感しました。


1.経営幹部・経営者と交流する
知り合いでもセミナーでもかまいません。
自社以外の、自分より上のポジションにいる方と話をする事で、
上司目線の考え方を学ぶことができます。

今僕は、幸いにも経営者が参加するセミナーに参加できたり、
レバレッジサロンで社会人の先輩方とお話をする機会もあります。
そして、話すたびに多くの事を学ぶことができます。


2.何でもいいからリーダー的役割をやってみる
去年、数人の友人と勉強会を発足しました。
会の運営や方針決めなどは、規模こそ違えど会社と似ている場面もあります。

方針が共有できていない、意見がまとまらない場合どうしたらいいか考えることは、
そのまま会社でも応用できそうです。


いずれの方法も少し行動を起こせば、たいていの人が実現できるものです。

上司目線で物事を考えるという事にピンときていない方は、
実践してみてはいかがでしょう?




スポンサーサイト




はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.05.04 Mon l Mharu l COM(0) TB(0) l top ▲
Mharuです。

今まで様々な本を読んで、情報過多の時代を生き残るための、
仕組化、フレームワーク化、情報整理法を実践してきました。

しかし、最近そういった仕組み化にも罠がひそんでいる事にきづきました。

何かミスをした時に、それを「仕組みができていなからだ」と
極度に考えてしまう事は危険だという事です。

確かに仕組化は有効です。
しかし、仕組みが万全だとしても、その人の「想い」がなければ意味がないのです。

芸術作品、建築物、生活用品など、どれをとっても
「想い」がこもったものはすばらしいです。

その「想い」をほったらかしにして、
仕組みを作ることばかりに一生懸命になると、
大切な何かを失ってしまいます。

最近仕事で大きな失敗をし、その事を痛感しました。

仕組みは想いを実現するための補助にすぎない

自分に言い聞かせていきたいと思います









はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.05.01 Fri l Mharu l COM(0) TB(0) l top ▲