上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Mharuです。

「上司の目線になって物事を考えろ」と、本で読んだり、先輩から学んだりしませんでしたか?

僕は「なるほどそれは重要だ」と思い、色々な場面でそれを実践しようとしましたが、
いまいちピンときていませんでした。

やり方がわからなかったのです。
確かにいきなりそんなことを言われても難しいと思います。

ですがそれからしばらくして、2つの方法が上司目線に立つ練習として有効だと実感しました。


1.経営幹部・経営者と交流する
知り合いでもセミナーでもかまいません。
自社以外の、自分より上のポジションにいる方と話をする事で、
上司目線の考え方を学ぶことができます。

今僕は、幸いにも経営者が参加するセミナーに参加できたり、
レバレッジサロンで社会人の先輩方とお話をする機会もあります。
そして、話すたびに多くの事を学ぶことができます。


2.何でもいいからリーダー的役割をやってみる
去年、数人の友人と勉強会を発足しました。
会の運営や方針決めなどは、規模こそ違えど会社と似ている場面もあります。

方針が共有できていない、意見がまとまらない場合どうしたらいいか考えることは、
そのまま会社でも応用できそうです。


いずれの方法も少し行動を起こせば、たいていの人が実現できるものです。

上司目線で物事を考えるという事にピンときていない方は、
実践してみてはいかがでしょう?




スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.05.04 Mon l Mharu l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/107-46996a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。