FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【だしをとる】

一見面倒くさいように見えるが土台となるべき、旨みの部分。

日本人文化の一つである、スープのだしをとるこの行為。
正直面倒くさくて、だし入り味噌を買ってしまいがちではないでしょうか?

でも、本当にそれでよいのでしょうか?

効率化の先にある文化の退廃。
これは絶対にあってはならないでしょう。

効率化をして、レバレッジをきかせて、その先に生まれた余暇で私たちがすべきこと。
それについて考えされられた本があります。

ワークライフ“アンバランス”の仕事力


本を読むということは、まさに【だしをとる】という事、そのものではないでしょうか?

一気にレバレッジを書ける前にじわじわ土台をつけていく。
その旨みが重なったときに、本当の料理のおいしさ、という果実を得ることができるのではないか。

本書ワークライフアンバランスでも、仕組み化を推薦している。


先人たちのフレームワークや旨みを使いながら、着々と実力をつけていくためにも、
読書を通して学びを続けたい。


何より自分でも驚いたのが、大好きな考え方であるレバレッジに対して、
全く逆ベクトルとも言うべき本書を手にとって読んでみるという行為。

今までだったら読まなかったはずの本です。
自分の考えと反対の本に対しては目を背けていました。
しかし多くの意見を参考にすべきだと考え直しこの本を読めた事こそが小さな成長なのかもしれません。

まだまだ私のだしは旨くなるようです。
多くの方のエキスを抽出させていただければ皆さん共に旨くなることは言うまでもありません。

hiro

レバレッジ英語勉強法講演出演まであと一週間!

かなり多くの方が参加されるようで楽しみであります^^
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2008.11.23 Sun l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/18-069f700b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。