上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
はじめまして。H.Millsです。

"Thoughts put down on paper are nothing more than footprints in the sand: one sees the road the man has taken, but in order to know what he saw on the way, one requires his eyes."
By Arthur Schopenhauer

「紙上に書かれた思想は、砂上に残った歩行者の足跡に過ぎない。歩行者のたどった道は見える。
だが歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いなければならない。」

ショウペンハウエルの『読書について』という本に書かれている言葉だ。

読書について 他二篇 (岩波文庫)読書について 他二篇 (岩波文庫)
(1983/01)
ショウペンハウエル

商品詳細を見る


点と点が繋がるとき、そこに人との出会いがあるとするならば、レバレッジサロンという摩訶不思議な仲間に出会うためには、「読書」、「思索」、「行動(実践)」、「向上」、そして「情熱」の5つの点がなければいけない。どれか一つが欠けても、レバレッジサロンに辿り着くことはできない。

まず、「読書」。

ショウペンハウエルは、読書というものは、他人にものを考えてもらうことであり、自分で考えることを破棄したものだという。さらには、世の中には読に値しない本が実に多く、そんな本を読むのは時間の無駄だと断言する。

誤解なきようにいうと、ショウペンハウエルは本を読むなといっているのではなく、古典と呼ばれる良書だけ読んでいればいいと主張している。

世の中にはたくさんの人が読書をしているが、しかし、レバレッジサロンのメンバーのように明らかに読書を読書として終わらせていない人種がいる。それは何かを分析してみたのだが、ひとつは、読書を通して、「思索」していることではないだろうか。

「読書を通して思索」というと、アンチショウペンハウエル的に聞こえてしまうが、そうではなく、わたしは、時代が変わったが故に、読書について昇華が起きているのだと考えている。

現代は、ショウペンハウエルが生きていた時代とは比べ物にならないくらい本、テレビ、インターネットと、とにかく情報が氾濫している。一切の無駄な情報を遮断して生きていく方が難しい。古典を読んで、ゆっくり考えている暇もないくらいせわしい世の中である。

こんな時代に生まれたら、読書のあり方も変化して当然だ。あらゆる本から情報を仕入れ、それを同時タイミングで思索し、実践していく。そういうことが求められるのだ。

確かに、ショウペンハウエルがいうように、読書は他人にものを考えてもらうことかもしれない。大抵の読書はそうだ。しかし、人とはちょっと違うことをやりたいという野望があるのならば、読書を通して思索、あるいは読書と同時に思索は必須だ。

思索ができるようになると、それは行動に変化を起こし、向上していく。思考が変われば行動が変わると昔から言われていることだ。もちろん、そのベースには、その人自身がなりたい未来像に対しての情熱がなければならない。

レバレッジサロンとは、我々の先達、あるいは著者が歩んできた道を歩みつつ、彼らが見たもの、触れたもの、感じたものを想像しながら、そして、彼らがみた以上のものを見つけにいく旅の仲間であろうと思う。

途中けもの道があるかもしれない。
そんなとき仲間がいると、心強い。

いい旅を続けていきたい。
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2008.11.02 Sun l H.Mills l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/4-05939506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。