上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
hiroです。

あけましておめでとうございます。
ブログの箱根駅伝ことサロンブログでございます。
レバレッジシンキングをイチから考え直してみました。

◆レバレッジとは信用ではないでしょうか。

レバレッジは梃子の事ですが、一体何をその梃子としているのでしょう。

不動産投資では信用を梃子に融資を行いうようです。

それは社会性であったり勤め先であったり、貯蓄であったり・・・。

その人の後ろに見え隠れする信用を審査して梃子にするのでしょう。


FXでは信用を梃子に物凄い倍率で外貨を取引することができます。

FXの場合は必要証拠金を一度固定口座に入金することでそのキャッシュを信用として、
取引を行います。

本田さんの著書、レバレッジ人脈術で言うところの人脈についても考えて見ましょう。

結局人脈も信用を如何にして築いていくかといえるのではないでしょうか。

・初対面での礼儀作法
・その人を徹底的に調査する
・会を催して情報のハブになる・・・

やはりここでも信用を築く上でのテクニックやノウハウが書かれているように思います。

時間術に関して信用という考えた方を当てはめるのは難しいかもしれません。

が、自分自身に関する信用を高めると考えてみるとどうでしょう。

未来を作り出すのがスケジュール張だったり、グーグルカレンダーだったり。

人それぞれですが、自分自身へのコミット、つまり信用を育てていき、自身をつけていくのではないでしょうか。

英語という言語ですら信用なのかもしれません。

英語だってネィティブでもない限り話せるようにはなりません。

勉強方法は違えどある程度勉強したという信用があって始めて、会話という舞台にたてるのでしょう。


■結論
かくしてレバレッジは信用なのではないかと推測してみました。
浅はかに受け取ると短期で物凄いリターンを得るようですが、信用を一瞬で勝ち得ることは、
なかなか大それたことであります。

信用を1から築くと始めると本当に時間がかかるでしょう。

しかしシーソーの自分側にコツコツ信用をためていくと、
後に大きなものが動いてしまうということが間々あります。

これぞまさにTRUSTシンキングかも知れません。

おあとがよろしいようで。
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.01.07 Wed l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/55-bc2a1e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。