上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは。
masutongです。

今月は本田直之さんの「レバレッジ・シンキング」について
書かせていただきます。

私がレバレッジ・シンキングを読んで、
実践する際に活用しているものがあります。

それは「記録」です。

時間のレバレッジについて考えてみます。
日々の生活に流されてしまい、
何に時間を使ったのかわからないという状態は
時間を有効に使えているとは言い難いです。

それを防ぐために記録を行います。
自分が時間を何に使ったかを記録します。
その記録から何に時間を取られているのかを知るのです。

この時間帯にはこのタスクを同時にできるのでは?(二毛作)、
この作業はこの時間にやる必要はないのでは?など
時間の使い方の見直し(段取り・時間割)や、
時間を天引きしておくなど有効な時間の使い方に変えます。
時間にレバレッジが効いている状態にするのです。

仕事でうまくいったとき、そのうまくいったノウハウを
残しておけば毎回ゼロから考えなくて済む仕組みになります。

本を読んだ際に、自分の重要だと思う部分だけを
レバレッジ・メモとして残しておけば
必要な時に少ない時間で自分の欲しい情報だけを取り出すことができます。

日々の体重の数値、本の未読・既読数など
記録することで変化やどうすべきかが分かり、
自分でコントロールすることに繋がります。

記録による認識や発見は、
あなたのレバレッジ・シンキングに大いに役に立つでしょう。
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.01.09 Fri l masutong l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/60-f890a5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。