上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
H.Millsです。

レバレッジな生き方をしていると、多くの本に出会い、多くの人に出会い、刺激され、人生が変わります。

さて、今年2009年、私のレバレッジライフも既にスタートしているのですが、今年最初に出会ったレバレッジな人をご紹介。

今年最初のレバレッジなお方は、

山本ケイイチさん

です。パーソナルトレーナー伝道師であり、そして本田直之さんの推奨コメント付きの本、『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』の著書であります。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
(2008/05/29)
山本ケイイチ

商品詳細を見る


私の通っているジムに山本ケイイチさんがセミナー講師としてやってくるといので行ってきました。いやー、白いジーパンにTシャツでとっても爽やかで、笑顔が素敵☆

セミナーの内容は「トレーニングで成果を出すための秘訣。続けるために必要なこと」というトレーニングをやっている人なら必ず気になるテーマです。なかなか痩せないとか、続かないというのは、誰もが抱える悩みです。わたしもここ10年くらいは痩せた形跡はありません。ジムに通っているのに・・・

山本ケイイチさんののセミナーに出て面白いなぁと思ったことは、トレーニングにもトレーニングをより効果的にするための下準備があるということです。実に当たり前のことなのですが、これがまた実にできていないものです・・・

1.寝る時間を決める
2.起きる時間を決める
3.食べる時間を決める
4.運動時間を決める

これらの規則正しい生活をすることで、内臓が健康になり、ホルモンが安定します。さらに血液循環もよくなるため、同じトレーニング量でも効果をよりあげることができるのです。レバレッジなトレーニングですな。

正直告白しますと、去年、この4つすべてはっちゃめちゃでした・・・なので、2009年はその反省を込めて、ライフスタイルを改善することにしました。

わたしのライフスタイル改善計画の一つに、「早寝早起き」というものがあります。

実のところ、わたしには早起きが苦手という思い込みがあったのですが、本田直之さんが『レバレッジシンキング』という本で紹介していた『時間の分子生物学』という本を読んで、非常に科学的な納得を得たため、まずは実践してみることにしました。

時間の分子生物学 (講談社現代新書)時間の分子生物学 (講談社現代新書)
(2003/10/20)
粂 和彦

商品詳細を見る


そうするとやればできるもんなんですねー。驚き。

今まで、夜中2~3時就寝、7時過ぎ起床だったのが、今は0時就寝、5時半起床です。

それでもやっぱり眠い時は眠いので、山本ケイイチさんに目覚めを良くするトレーニングを教えてくださいと質問しました。

そしたら、あるんですね~。びっくり。

正座して、少し足を開き、手のひらを上に向けて両膝の上にそれぞれ置き、少し遠くを見ながら早めの深呼吸をするというものです。さっそく毎朝やってます。わたしの場合、少しアレンジして、新聞を取りに外に出たとき、立ったまま深呼吸をしています。手を呼吸に合わせて前にやったり後ろにやったり。

もうすぐ、山本ケイイチさんの第2弾の本でこの辺りが詳しく書かれているようですので、そちらを読んだ方がよいと思います。いや、第2弾楽しみですね。

『レバレッジシンキング』で紹介されていた一冊の本と山本ケイイチさんとの出会いで、わたしの健康生活はより確実に改善されていきそうです。

山本さん、素晴らしいお話ありがとうございました!
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.01.21 Wed l H.Mills l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/69-161fdaa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。