上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
皆さま、こんにちわ。


youheyです。この度misaoから改名いたしました。
よろしくお願いします。


「本質って主観だよね。」



とあるミィーティングの時に、
とある女性が放った言葉である。


多分、発言した本人は覚えてもいないだろう。
最初聞いた時は、


「えっ?どういう意味?」って思った。


本質は本質やろ。


ところが、その日はおろか次の日、
また、次の日まで、その言葉は、
私の脳の中を駆け巡り、


ついには魂まで揺さぶりやがったの
である。



私は物事の本質というのが、大好き
である。だった。


趣味で書いているサーフィンのブログでも
やたら、「本質」という言葉を使っているし、


投資の本質 失敗の本質 読書の本質

など、その言葉があるだけでバイアスが
かかり


「おー、何か凄そう」と思ってしまう。


それほど、好きだった本質という言葉、
愛してやまない言葉に、


いわば、待ったをかけられたのである。



3日後にようやく解った。



「本質は主観である。」


誰かが考えた意見に過ぎない。だから、
主観なのである。彼女は確かにそう
言っていた。


かと言って本質をとらえることが
駄目なのかと言えば、まったく
そんなことはない。


やはり、とても大切である。



大事なのは誰がそれを述べているか。


その定義の発生元をしっかり把握した
上でその本質を受け入れる必要が
あるようだ。



今回の出来事があって改めて思った。


人との出会い本との出会いはこれが
あるからやめられない。


これまで気づいてきた、自分にとっての
本質がコモンセンスが、一瞬で根底から
覆される。


人・本に出会う「本質」はそこにあるのでは
ないだろうか。



「本質は主観だよね。」


素晴らしい言葉をありがとう。


H.Mills


あなたは、本当に恐るべしだ。



「レバレッジ・マネジメント」には、


マネジメントの「本質」が書かれてある。
是非一読あれ。


今回はH.Millsに敬意を表し、である
調でまとめてみた。


いかがだったかな、諸君。




スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.02.03 Tue l youhey l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

記憶回路・・・
何かお呼びで?

わたしの衰え始めた記憶回路を辿るとそんなことをいった確率75%と出ました。15%は言ったという確信がもてないために発生したバグのようなものです。

しかし、わたしは、サロンのメンバーに出会って、根本を考えさせられることが実に多いのですよ。きっとこの発言もその流れで言ったのだと思います。

ちょっと前に、masutongさんが、突然、「思想と哲学の違いはなんですか?」と聞いてきたのがわたしには忘れられないです。

そのとき、「思想はその考えが他人の思考そのものに影響を及ぼすものに対し、哲学は内省的で、自分に問うことで完了するものではないか」なんて、勢いで回答した気がするが、実はこれで正しかったのか、後で一人で悩んだものでああります。

そういえば、今思い出しましたが、なぜmasutongさんと「思想と哲学」の話になったかというと、youheyさんがきっかけだったのですよ。

youheyさんの文章ってどこか哲学的だよね、という一言をmasutongさんがいったのがきっかけだったのです。

これには、わたしも大いに納得するところで、youheyさんの文章はどこか深い考えがあって成り立っている、そこに、哲学的なにおいをぷんぷんかぎとったサロンメンバーが少なくとも二人います。

今後も、youheyさんの哲学チックな文体に期待し、勉強させてもらえればと思います。

サロンのオヤジはyouheyさんなんだからね!
2009.02.04 Wed l H.Mills. URL l 編集
No title
H.Millsさん、こんにちわ。

書き込みありがとうございます。記憶は75%と言う事ですが、確実におっしゃっていましたので大丈夫です。

H.Millsさんのおっしゃっている事に激しく同意です。本当にここのメンバーから刺激を受ける事は多いです。

きっと、本田さんと泉さんは、私たちがこうなることを予想して選んだんだと思います。

しかもサロンに流動性をもたせるため、誰と誰がこんなメンバーを引き寄せてくるだろうまで解っていて。

お釈迦様の手のひらの上で走りまわる孫悟空たちなのですよ、我らはきっと。

masutongさんは、なんて素敵な質問をするのだ。と、おもっていたのですが、その質問のきっかけが、私の文章からなんて、なんて素敵な。

嬉しいです。私の師匠も哲学に触れるのは、とても良いことだとおっしゃっったので、すこし読んでみたりしていますが、何て難しいんだと思っています。

ですので、文章が哲学てきだと言われると、嬉しいような、自分では意識していないので、すこし驚きです。


もう一回勉強しなおします。あまり深身にはまらない程度に。


ありがとうございます。これからも、思いつくまま色々書いていきたいとおもいます。

では。


おやじより





2009.02.05 Thu l youhey. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/80-2945dfa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。