上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
hiroです。

リーマン破綻後,日本経済にも大打撃を与えています。
気になる業績をまとめてみました。

■パナソニック
3800億円
15000人リストラ

■ソニー
1500億
15000人リストラ

■シャープ 赤字

■パイオニア プラズマテレビ撤退

大手電気メーカーが崩れています。

■三菱UFJフィナンシャル・グループ 420億円の赤字

■全日本空輸、社員の賃金を平均10%引き下げ案提示

金融、空輸にも影響が出ているようです。

一方

■任天堂
2300億 黒字!

■日本マクドナルド
1239億 黒字!

製造業全体が軒並み総崩れとはいえないようです。
円高で儲かっている企業もあるのです。

この状態を見て、一体何を学ぶべきなのでしょうか。


ここで25歳なりにも考えた三つの姿勢を書いておこうと思います。

①問題意識を持つ
②当事者意識を持つ
③国政に興味を持つ


①問題意識を持つ
今円高不況(本来は好調だと思う)の状況に際して、
一体何が問題だったのかを徹底して追及することが大事ではないでしょうか。
今回はサブプライムローンだといわれています。
それすら本当のことかもわかりません。
自分なりに追いかけてみる必要があると感じています。
その仮説をもってして自分の人生にどう生かすかがポイントです。

私としては、「我慢ができない感情をいかにコントロールするか」というのが、
今回の経済不況の根底だと位置づけました。
小さなことを我慢できる。
それはいらないや、本当にほしいものではないや。
と思える生活手法にまで落とし込みたいと考えています。


②当事者意識を持つ
今回の不況はアメリカに起因した信用問題だけではないのかもしれません。
もしかしたら自分にも原因といえる面があったのかもしれない。
そういった諸国に対して消費を促す輸出ビジネスの一つにに関わっていたのかもしれない。
(私なんかは特に贅沢な製品を作っているので当事者かもしれません)
そう考えると、まさに原因の歯車のひとつだったのかも。

問題意識を持つことと、多少かぶります。
今回の不況はもはや企業の収縮、雇用問題にまで発展していますので、
当事者意識を持つことに関しては、いやでも考えさせられることでしょう。

個人として身を守る、生活を保障するすべはないかを考えていかなければなりません。

③国政に興味を持つ。
大学まで出ましたが社会人になるまで政治に興味がありませんでした。
若者の政治的無関心は平和ボケの蔓延を意味していると考えます。
私も平和ボケしたうちの一人でした。

しかし所得税も払うようになったことだし、徐々に興味がわいてきています。

不況とは関係がありませんが保険のシステムや年金保険の構造も社会人として、
身に着けなければいけないことの一つでしょう。
なぜ国政なのかといえば、私の場合、未来の予算管理、支出の管理のためです。
結局はお金の教養をつける、という事の一つとして国政に興味を持とう、
という内容です。

国政というジャンルでのトピック探しとして、こんな本を読んでいます。



福田ビジョン、環境取引、知りたいことは山ほど出てきました。

不況不況といわれますが個人が思考停止にならないように考えなくてはいけない事は、
沢山あるようです。
一人で追いかけ続けると、おじいちゃんになってしまうので、
協力してくれるチームがあると非常に心強いものです。

日本にはチャーチに行く文化があまりないので、
コミュニティというのは、こういう不況時にこそ非常に大事なものだと実感しています。

スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.02.07 Sat l hiro l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/85-a4539daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。