上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんばんは、日常礼讃です。

本棚を見ると、いつの間にか読んでない本が増えています。
もちろん考えて買っているんですが、本棚の升目の2コマ分が
読んでない本に埋め尽くされると、さすがにため息をつきます。

2コマだと4~50冊くらいになります。
んーもうすぐ一年分だなーというくらいの量です。

書評ブロガーの隆盛で、きっと多くの人が以前よりも
お薦め本に出会う機会が増えているのではないでしょうか。

知らず知らず本の広告シャワーにさらされているのです。

自己啓発や自分磨き、能力向上には読書は有効ですから
いいですよーといわれるとつい手に取ってしまう。

そんな本がいつの間にかたまってしまうんです。

最近、本を買うまえにまず気になった本リストに書き込みます。

そして、しばらくしてから見るんです。
そうすると、中には買いたい意欲がなくなっ本も出ていること
に気が付きます。

つまり圧倒的な書評はその効果も高く、一瞬のうちに、
買いたい!
という欲望を掻き立てるのです。

それは心理学でいうところの損失回避行動なのかもしれません。

つまり、もし買っていたら得られたであろう利益が、
買わないことによって損失する、という心情に訴えかけてくるんです。

なので、ほんとうにその本が必要かどうかを見極めるためにも
一旦メモして、後日改めて買うかどうかを決めるという方法
をお薦めします。

無理のないコストで、最大の効果をあげるために。
スポンサーサイト

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
2009.02.19 Thu l nitto l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

なるほど~
>圧倒的な書評はその効果も高く、一瞬のうちに、
買いたい!
という欲望を掻き立てるのです。

なるほど~。古典というのも、「時間」という洗礼を受けてなおかつ生き残ったものが今日の古典であり続けます。それを考えると、少し時間をおいて、本当に自分に必要な本か見極めるのも、レバレッジ本選択法になるかもね。
2009.02.20 Fri l H.Mills. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://leveragesalon.blog77.fc2.com/tb.php/94-76859851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。